五八PRODUCTS 尾崎人形 土笛 鯛

¥ 1,430

*This item will be delivered on 12/11(Fri) at the earliest.

*Tax included.

*Additional shipping charges may apply, See detail..

About shipping fees

The shipping fee for this item varies by the shipping method.
  • 佐川急便

    Regional setting
    • Hokkaido

      • Hokkaido 700JPY
    • Tohoku

      • Aomori 500JPY
      • Iwate 500JPY
      • Miyagi 500JPY
      • Akita 500JPY
      • Yamagata 500JPY
      • Fukushima 500JPY
    • Kanto

      • Ibaraki 500JPY
      • Tochigi 500JPY
      • Gumma 500JPY
      • Saitama 500JPY
      • Chiba 500JPY
      • Tokyo 500JPY
      • Kanagawa 500JPY
      • Yamanashi 500JPY
    • Shinetsu

      • Niigata 500JPY
      • Nagano 500JPY
    • Hokuriku

      • Toyama 400JPY
      • Ishikawa 400JPY
      • Fukui 400JPY
    • Tokai

      • Gifu 500JPY
      • Shizuoka 500JPY
      • Aichi 500JPY
      • Mie 500JPY
    • Kinki

      • Shiga 500JPY
      • Kyoto 500JPY
      • Osaka 500JPY
      • Hyogo 500JPY
      • Nara 500JPY
      • Wakayama 500JPY
    • Chugoku

      • Tottori 500JPY
      • Shimane 500JPY
      • Okayama 500JPY
      • Hiroshima 500JPY
      • Yamaguchi 500JPY
    • Shikoku

      • Tokushima 500JPY
      • Kagawa 500JPY
      • Ehime 500JPY
      • Kochi 500JPY
    • Kyushu

      • Fukuoka 700JPY
      • Saga 700JPY
      • Nagasaki 700JPY
      • Kumamoto 700JPY
      • Oita 700JPY
      • Miyazaki 700JPY
      • Kagoshima 700JPY
    • Okinawa

      • Okinawa 1,000JPY

縁起物の代表格、鯛。もともとは海の神・漁業の神で、そこから転じて商売の神、そして福の神といわれるようになりました。笛の音色が低すぎず、高すぎず程よい音色で鳴ります。ポップな色合いで可愛らしく、若い方からも人気です。全て手作りのため、ひとつずつ多少ですが音色・形・表情が違います。1個入り/サイズ:約35×70×40mm/材質:陶器

尾崎人形

尾崎人形は、佐賀県神崎町尾崎西分地区に伝わる焼き物の人形で、全国の陶磁器の中でも古くからの伝統を残しています。土のぬくもりを感じさせる佐賀の伝統玩具で、素朴な笛の音色にはなんとなく哀愁を感じ、現在でも広く親しまれています。現在は唯一の作家である高柳政廣さんの手で、一つ一つ丁寧に作られています。伝承によると、「弘安4年(1281年)蒙古が襲来した元冠(弘安の役)の際、 捕虜になった蒙古軍の兵隊が人形を作って吹き鳴らし、遠い祖国を偲んでいた。そしてその人形を作る技術は地元民に伝わり、焼き物が盛んになった。」と伝えられています。 やがて尾崎焼として、瓦・火鉢・鉢物類を焼くようになり、江戸時代には佐賀藩から幕府への献上品のひとつともなりました。 尾崎焼の人形作りは、一時途絶えた時期もありましたが、尾崎西分地区の「尾崎人形保存会」によって再興され、現在も存続されています。伝統的な尾崎人形は20種類ほどありますが、中でも鳩笛はテテップウといって子供の人気者でした。 鳩笛は全国の土焼人形の産地にはよく見られますが、首を少しねじった独特の姿は尾崎人形だけものです。鮮やかな赤・青・黄で着彩され、青は平和、赤は蒙古軍の血の色、黄色は自然を意味しています。

五八PRODUCTS

五八(ごはち)とは、掛け算九九で「五×八=四十(しじゅう)」と読むところから、商い用語の隠語として“しじゅう”来る客、つまり「常連のお客様」のことをそう呼ぶようになりました。ここから私達は、『地に根付いた伝統的な技術や伝統工芸品・商品』など=『プロダクト』が、普段の生活の中で“しじゅう”使っていただけると嬉しいという気持ちを込めて「五八(ごはち)PRODUCTS」と名づけました。
建築家の五島史士とプロダクトデザイナーの八木沼修がそれぞれにモノづくりにかかわる中で、モノづくりの思いや背景をユーザーに伝えるためにはその先にある流通も含めて総合的にデザインをしていく必要性を感じ、「企画やデザインもできる問屋」として2011年に東京都三鷹市に生まれました。日本に残る伝統的工芸や各地で根ざす技術。それらが「特別なモノ」としてではなく、現代のライフスタイルの「日常」に普通にとけ込めるような、さりげないエッセンスの効いた日本の良いモノといっしょに、産地のコトもお届けできればと思っています。

八木沼修/Osamu Yaginuma

北海道出身。桑沢デザイン研究所卒業。2005年よりデザイン創造工房『めがね』活動開始。2011年より五島史士と協同で「五八PRODUCTS」スタート。そのものの「本質」に着目し、「本質」を大切にした日本のモノづくりを考え活動。デザイン創造工房「めがね」代表

五島史士/Fumiaki Goto

長崎出身。芝浦工業大学卒業。ミラノでの建築・デザイン事務所勤務を経て、2006年より東京と長崎を拠点に活動。「産業としてのものづくり」の視点から、家具のデザインを中心に日本各地で活動を展開。FUMIAKI GOTO design 代表

Report

Reviews of this shop