シャープペンシル KELLY

¥ 2,750

*This item will be delivered on 12/11(Fri) at the earliest.

*Tax included.

*Additional shipping charges may apply, See detail..

About shipping fees

The shipping fee for this item varies by the shipping method.
  • 佐川急便

    Regional setting
    • Hokkaido

      • Hokkaido 700JPY
    • Tohoku

      • Aomori 500JPY
      • Iwate 500JPY
      • Miyagi 500JPY
      • Akita 500JPY
      • Yamagata 500JPY
      • Fukushima 500JPY
    • Kanto

      • Ibaraki 500JPY
      • Tochigi 500JPY
      • Gumma 500JPY
      • Saitama 500JPY
      • Chiba 500JPY
      • Tokyo 500JPY
      • Kanagawa 500JPY
      • Yamanashi 500JPY
    • Shinetsu

      • Niigata 500JPY
      • Nagano 500JPY
    • Hokuriku

      • Toyama 400JPY
      • Ishikawa 400JPY
      • Fukui 400JPY
    • Tokai

      • Gifu 500JPY
      • Shizuoka 500JPY
      • Aichi 500JPY
      • Mie 500JPY
    • Kinki

      • Shiga 500JPY
      • Kyoto 500JPY
      • Osaka 500JPY
      • Hyogo 500JPY
      • Nara 500JPY
      • Wakayama 500JPY
    • Chugoku

      • Tottori 500JPY
      • Shimane 500JPY
      • Okayama 500JPY
      • Hiroshima 500JPY
      • Yamaguchi 500JPY
    • Shikoku

      • Tokushima 500JPY
      • Kagawa 500JPY
      • Ehime 500JPY
      • Kochi 500JPY
    • Kyushu

      • Fukuoka 700JPY
      • Saga 700JPY
      • Nagasaki 700JPY
      • Kumamoto 700JPY
      • Oita 700JPY
      • Miyazaki 700JPY
      • Kagoshima 700JPY
    • Okinawa

      • Okinawa 1,000JPY

1960年代に世界で初めてノック式シャプーペンシルを発売したぺんてる株式会社が、”シャープペンシルを万年筆の様に使いこなす”というコンセプトで開発した『万年CIL』。1971年の発売から今なお愛称「KELLY(ケリー)」の名で親しまれ、CDTクリエイティブディレクターAZZAMIもデザインの美しさに惚れ込んだその商品が、ロングライフデザインを継承し、新たな息吹を纏いました。金属製のシャープならではの適度な重厚感と製図用シャープペンのような長めのペン先による視認性の高さで類まれな使用感を実現。万年筆のようにキャップを付けることで、繊細なペン先を保護し、コンパクトに持ち運びが可能になりました。 使うときにはキャップを外し、後ろ軸にセット。「カチッ」という小気味良い音と共に、金属パーツが吸い込まれるような感触が精巧に作られたこの商品の高い品質の証です。キャップ部分のマットなシルバーと軸色の光沢のあるホワイト、そして中央の繊細なカッティングにより実現した真田紐柄のグラフィックが施された真鍮部分が、剛性に溢れた使用感はそのままに、シャープで都会的な佇まいとなり使い手の日常に寄り添います。

Craft Design Technology

美しく働く空間を創造する「CDT/Craft Design Technology/クラフトデザインテクノロジー」は、モノ作りを通じて快適な空間の創造を提案する企業として、またブランドとして発足しました。ブランドとしての最初のステージを「働く空間」に定め、鉛筆一本からのモノ作りを通じて、近い将来「美しく働く空間」を創造することが、このステージにおける目標です。なぜステーショナリーから始めるのか?全ての事柄は、小さなことから始めなければなりません。働く空間とは机の集合であり、机とはペーパークリップや鉛筆一本まで考慮されるべき一つの空間だと考えています。そのアイテムカラーは、日本の伝統色で生命の息吹を感じさせる新芽の色の白緑を使用し、特徴的なグラフィックパターンは、江戸時代から使われている真田紐の織目の美しさをモチーフにしました。「ステーショナリーが変わる」「デスクトップが美しくなる」これが一人、二人と増えたとき、きっとオフィス空間が変わると信じています。
ペン先が適度にしなり独特の柔らかな曲線を描ける筆タッチサインペン/ぺんてる、筆跡が美しいトラディオプラスティック万年筆/ぺんてる、速乾性の高いゲルインクを使用したボールペンのエナージェルトラディオ/ぺんてる、書き終わったところで切り取ることができる蛇腹便箋レターセット/老舗和紙店榛原、摩擦熱でインクが透明になるフリクションボール3/パイロット、トメハネハライが美しく表現できる高級筆ペン/呉竹、刃とグリップが一体構造になったステンレス製のハサミ/岐阜県関市製造、無垢の木材の温かさを醸し出すテープディスペンサー/オークヴィレッジなど販売しています。

Creative Director:AZZAMI/アザミ

アドバタイジングオーケストラ代表 ファッションとデザインの領域の中で、個のブランドから業態、商業施設、大型テーマパークや街作り、 またTVCFや広告など幅広く多くのディレクションを行う。 その手腕はファッション業界やプロダクトデザイン業界だけに留まらず、日本を代表する『Creative Director』として、その動向に国内外から注目されている。2005年にCDTを設立。

Creative Director Product Design:Shuwa Tei/鄭秀和

インテンショナリーズ代表 武蔵野美術大学を卒業後、1996年にインテンショナリーズを設立。設立以来、建築を中心に、様々な領域で国際的なデザイン革新を起こし、国内外問わず高い評価を得ている。そのクライアントには大手電化製品メーカーや百貨店、ホテルクラスカなどがある。特にアマダナでは日本らしさを残しながらも、洗練されたプロダクトデザインを打ち出している。各方面に多大な影響を与えてきたと共に、近年では、海外のビッグプロジェクトにも参画するなど、活動領域をさらに広げている。

Graphic Design:Tyler Brûlé/タイラー・ブリュレ

カナダ出身のタイラー・ブリュレは、1989年にイギリスへ移住。BBCテレビで報道記者として働いた後、The Guardian ほか様々な新聞/雑誌の編集者となる。1996年に自身がロンドンで創刊した「Wallpaper*」は、50か国以上で発売され、世界中にデザインのあるライフスタイルを浸透させた。2002年にはウィンクリエイティブを立ち上げ、様々な有名企業やブランドをクライアントとして持っている。現在も新聞にコラムを持つ一方、 “グローバル・インテリジェンス”をコンセプトに、新たなメディア『MONOCLE(モノクル)』を世に送り出した。

Report

Reviews of this shop