ゲーム

  • ¥ 1,595
  • 遊び方:1枚のカードに、動物の半身が4つ描かれています。同じ動物の半身をつないでいき、手持ちのカードの動物がすべてつながると上がりです。セット内容:カード54枚/説明書(日英)と動物の一覧表付き サイズ:65×90mm(ポーカーサイズ) <ゲームの進め方> 2~5人程度で遊びます。各人にカードを4枚ずつ配り、残りは山札として場に置きます(配る札は3枚、5枚ずつでも可能)。配られたカードは各自、トランプをするときのように、扇形に広げて持ちます。 ジャンケンなどで回り順を決め、順番に山札からカードを1枚取り、いらないカードを場に捨てます。 捨てるときは、動物の描かれた面が見えるようにします。捨て札の一番上のカードからも取ることができます。 捨てられたカードは山札がなくなったら集め、また山札にします。 <ゲームの勝ち方> 上記の動作を続けていき、一番先に手持ちのカードの動物がすべてつながると上がりです。 持ち札4枚の場合は、3匹(3枚なら2匹、5枚なら4匹)の動物を一列につなげます。 あと1匹つながれば完成というとき、「ビット」と宣言し、上がるときには「コネクト!」と叫びましょう。 宣言しないと、上がりとなっても、再び手持ちのカードから1枚捨て、山札から1枚取らなくてはなりません。 1回勝負や3回勝負、5回勝負をして勝敗を決めるのが基本の遊び方です。 <点数の数え方> くり返して遊び、点数をつけて勝負を決める遊び方もあります。
(1)揃った動物の種類によって点数が変わります。すべての動物は1匹につき1点です。 さらに、特定の種類の動物だけで揃えると下のような得点が加わります。 また、王冠のついた動物が入っていると、それぞれ得点が加わります。 高得点になる動物たちを独自ルールで決めて遊ぶのも楽しいでしょう。 (2)あと1匹つながれば完成というとき、「ビット」と宣言し、次の回の取り札で上がれば得点が2倍になります。 <ジョーカーの使い方について> (1)ジョーカーの頭とおしりが揃ってしまったら、アウト!ゲームオーバーです。プレイの途中でゲームから外れます。 (2)ジョーカーの頭かおしりのどちらか1枚があると、自分の指定する他のプレイヤーからカードを1枚奪うことができます。ただし、相手の動物面を見ることはできません。ジョーカーはプレイ中いつでも使えます。使うときは「ディスコネクト」と言い、続けて奪う相手の名前を告げます。持ち札を取られたプレーヤーは、代わりに山札からカードを1枚取ります。 ※ジョーカーは場に捨てますが、捨てられたジョーカーを再び取ることはできません。 (3)オールマイティーカードとして使えます。ジョーカーの頭とおしりそれぞれが、自分の集めている動物の代わりとして使用できます。ジョーカーのルールを自分たちで作ってみても楽しいでしょう。 <よくある質問と回答> Q:山札から順番にカードを取るとき、自分のカードを捨ててから取る?それとも取ってから捨てる? A:捨ててから取ります。次に来る動物がわからないまま捨てるカードを決めなくてはならないため、おもしろさが増します。ただし、場に捨てられたカードを取るときは、取ってから捨ててもかまいません。 Q:ジョーカーを使って相手の札を奪うことは、自分の番以外でもできるの? A:自分の番のときしかできません。 Q:あと1匹つながれば完成するとき、「ビット」と宣言するのはどうして? A:「ビット」と宣言した人はもうすぐ上がりだとわかるので、 ほかのプレイヤーは自分の捨てるカードに注意したり、ジョーカーを持っている場合はじゃまをしたりできます。それだけだと宣言する側のメリットがないのですが、「ビット」と宣言した後、次の回の取り札で上がれば得点が2倍もらえます。 Q:あと2匹つながれば完成だったけど、2匹同時につながって完成したので、 ビットを飛ばしてコネクトになったときは? A:「ビット」と宣言してからでないと上がることはできません。 完成していても、次の自分の番で再び手持ちのカードから1枚捨て、山札から1枚取らなくてはなりません。